勉強・怪異部会

 勉強部会では人類普遍の営みである宗教文化への理解を深めます。神社・神道は、日本の伝統文化と深く結びついており、神社や神道に関する知識を得ることで、より日本文化を豊かに楽しむことができます。勉強部会では、神社・神道の歴史や文化について勉強します。有名な神社や、神話、神々について調べたり、話したりします。神道だけではなく、仏教の知識はもちろん、必要に応じて各宗教の知識や、現代日本の宗教事情についても学びます。

 2014年度まで何回か、日本神話『古事記』を講読した年がありました。以下は2014年度まで古事記講読の紹介として載っていた文章です。

『古事記』は神社・神道における基本的な文献です。現存最古の歴史書として知られていますが、『古事記』はさまざまな顔を持っています。『古事記』は歴史書としても読めるし、文学としても読めます。そして、神話としても読めます。神話は神話であって、教えを説く説話ではありません。世界の起源を語り、文化の起源を語るものです。

 そして忘れてならないのが神道古典としての『古事記』の顔です。『古事記』以前に神話がどうであったかとは別に、『古事記』以後、神話が神道の歴史にどのように影響を与えてきたのかという観点です。『古事記』と神社、祭神、祭祀、芸能、思想、歴史などの神社文化がどのように関連しているのかを探求します。

 また、古事記講読のほかに、「神社巡りのための予備知識」と題して、ゼミ形式の勉強会が開催されてきました。今年度も「テーマ発表」として継続されます。

参加者が交代で、発表をし、みなで討議をいたします。必ずしもお堅い雰囲気ではなく、歓談しつつの開催となっています。

「神社巡りのための」とは冠しましたが、神社、神道を中心として幅広いテーマを選んでかまいません。参加意識を高めるために目的を設定しているだけです。各自の関心に基づいて、発表してください。 新入生の方は、後期より発表していただくことになると思います。ふるってご参加ください。

活動状況

日程 毎週火・曜日(変更になりました!) 18:50~(学期期間)
参加人数 10名前後
活動場所 神社研部室

参加ご希望の方へ

神社・神道について知りたいという人から、宗教に関する話題を語り合いたい、学問の道を進むんだという気概の人まで、お気軽にご参加ください。参加ご希望の方は事前にメールもしくはTwitter でご連絡の上お越しください。 入会・見学について のページもご覧ください。

inserted by FC2 system